葉酸がしてくれる働き

妊活中や妊娠中の女性に推奨されている葉酸サプリ

妊活を始めると同時に、葉酸サプリを飲み始める人も多いでしょう。葉酸は毎日の食生活から摂取することもできますが、妊活中や妊娠中の人は、葉酸サプリを摂取することが推奨されています。なぜなら、食事から摂取するポリグルタミン酸型葉酸より、サプリで摂取するモノグルタミン酸型葉酸の方が吸収率が高いからです。
妊活中や妊娠中の人が葉酸の摂取を推奨されている理由は、胎児の先天性異常を防げることがあげられます。十分な葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが減らせるのです。そのためには、1日に葉酸サプリで240マイクロミリグラムを摂取するのが適切とされています。もちろん、妊活中や妊娠中でない人でも、葉酸サプリによって健康の向上が図れます。

葉酸サプリの体内での働き

葉酸サプリを摂取すると体内でどのような働きをするかというと、一番にあげられるのが造血作用です。ビタミンB12と共に赤血球を生成したり、DNAや核酸、たんぱく質などの結合をサポートし、細胞の再生を活発にする働きがあります。胎児の発育に大きな役割を果たすほか、妊娠中に起きやすい貧血の予防も行えます。
また、葉酸サプリを摂取することによって、動脈硬化を予防することができるのではと期待されています。研究により、葉酸には動脈硬化の危険因子をメオチンに変換させる作用が明らかになりました。メオチンは、コレステロールを下げる働きがあると考えられています。
今後の研究により、さらに新しい葉酸の効果が発見される可能性も期待できます。

女性の育毛剤は、天然由来の保湿成分を含んだアイテムも多くあり、頭皮が常に乾燥している人でも、満足のいくまでヘアケアができます。