一日に必要な葉酸の摂取量と適正量

葉酸サプリは摂取量を守り飲むことが大切

最近は、妊娠中はもちろん、妊活中から葉酸サプリを摂取するのが当たり前になってきており、赤ちゃんの成長に必要な体内環境を整えようという意識が高まっています。しかし、いくら必要な栄養素だからといって、過剰に摂取しすぎては体の不調を引き起こす原因となります。サプリは薬ではないので重篤な副作用の心配はいりませんが、摂取量によってはビタミンB12欠乏による大赤血球性貧血が発見しにくくなったり、発熱や痒みを引き起こしたりと、健康に影響を与える可能性もあるのです。そのため、葉酸サプリを摂取するときは、一日の摂取量を守り飲むことが大切になります。推奨される摂取量は、妊活中、妊娠中、年齢などによっても異なるので、必要量をきちんと把握しておきましょう。

葉酸サプリの一日の推奨摂取量

葉酸サプリの一日の推奨摂取量は、妊活中から妊娠3か月までの女性の場合400?です。妊娠3か月以降から出産までは、240?を摂取することが推奨されています。そして、授乳期は葉酸サプリで一日に100?の葉酸を摂取するのが適切です。葉酸サプリとは別に、食事から葉酸を摂取することを踏まえて算出された数値なので、食事から摂取できない場合は葉酸サプリの摂取量を調整すると良いでしょう。
しかし、忘れてはならないのが、一日の摂取量の限度を超えないことです。葉酸の摂取量の限度は、食事から摂取するものと葉酸サプリを合わせて1000?とされています。葉酸サプリを飲むときは、1粒でどれだけの葉酸が摂取できるのか確認して、オーバーしないように摂取することが大切です。