葉酸を摂取するべき時期

葉酸とはどんな栄養素

葉酸とは妊活で有名となった栄養素です。妊婦が摂取すると胎児の障害にかかるリスクを減らすことができます。また増血のビタミンとも呼ばれ血液を作ることやDNAの合成に一役かっています。葉物野菜やレバーにも多く含まれていますが体への吸収率が低く約50%となっています。そのため血液が必要な女性にはサプリでの摂取も求められ、サプリでは約80%の吸収率となりサプリでも摂取することが推奨されています。特に妊婦となると一日に480μgと普段の2倍必要で女性にはとても重要な栄養素です。葉酸の摂取するべき時期はその人の状態によって異なります。増血に効果があるため男女ともに必要な栄養素ですが、特に女性では無理なダイエットや偏食などで貧血ぎみの人が多いとされ、積極的に摂取した方がいいでしょう。

葉酸の必要な時期について

基本は男女ともに240?の摂取を推奨されていますが、既婚女性では厚生労働省から胎児が神経管閉鎖障害になるリスクを減らすため、効果的な時期である妊娠前からの摂取が推奨されています。この神経管閉鎖障害は神経器官の発達がうまくいかないことによっておこるもので、脳の形成不全によっておこる無脳症や脊椎骨の形成不全からなる二分脊椎症があります。また、葉酸はDNAの合成に深く関わり、DNAは神経の形成にも関わっているためにこれらの障害のリスクを減らしてくれる重要なビタミンです。摂取時期は妊娠前4週間から妊娠中までの480?で、特に妊娠4週間前から妊娠後12週間は障害のリスク低下に重要な時期になるために積極的な摂取が推奨されています。妊娠後の授乳期間にも340?の摂取が必要とされています。食材からとサプリでは摂取した際の吸収率が異なるため、食材だけでなくサプリとの併用が望ましいです。