葉酸と相性のよい栄養素

葉酸はなるべく早く摂ろう

おなかの中の赤ちゃんの正常な発達の為に必要不可欠な栄養素として知られているのが、葉酸です。妊娠三か月頃までが、葉酸が特に必要な時期とされています。でも妊娠に気づくタイミングが遅い人も多いので、できれば妊活中から葉酸を摂取した方がいいでしょう。ちなみに葉酸は熱に弱いので、野菜を調理するよりも飲みやすいサプリメントを活用すると便利です。サプリメントなら、葉酸と一緒に摂取したい栄養素も配合されています。

葉酸はビタミンBの一種なので、同じビタミンB群と相性がいい点が特徴です。特にビタミンB12は、体内で葉酸と共にヘモグロビンを作る役目を持っています。食品から補う場合は、レバーやシジミなどから摂取すると効率的です。

一緒に摂取したい成分は多い

ビタミンB12以外にも、葉酸にとって重要な栄養素はいくつかあるので、普段から気を付けて摂取するようにしましょう。ビタミンB群の中でも、ビタミンB6とB2は葉酸の代謝サイクルに関わっていることで知られています。葉酸と関係している部分以外でも、ビタミンB6はたんぱく質の代謝に欠かせない存在です。他に葉酸と関係性の深いビタミンとしては、レモンやミカンなどの果物類に多く含まれているビタミンCを挙げることができます。このビタミンは、身体の中で活性化した葉酸の働きを維持するために重要です。

亜鉛のように、葉酸と相性がいいミネラルもあります。葉酸が体内に吸収されるために必要な酵素の働きを、亜鉛がサポートしてくれるからです。